このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年7月号 田中ひろみさん(イラストレーター・文筆家)

更新日:2017年6月26日

プロフィール

田中 ひろみ さん

仏像、史跡、恋愛など幅広いテーマで書籍を執筆。仏像を愛する「仏女」として、その魅力を発信中。北秋津在住。

仏像に恋して。魅力を発信する「仏女」

 「恋に落ちるのに理由はないですよね。京都の三十三間堂の仏像に出会った時、私は仏像に『恋した』んです」。サラリと口にしてほほえむ田中ひろみさん。仏像への愛をイラストとことばに乗せて活躍中です。
 信仰にとらわれず、自由な感性で仏像に接する若い層が広がっているといいます。仏像や仏教的なものを好む女性を指す造語「仏女」も生まれました。「仏像ブームで、若い女性も『仏像が好き』と公言しやすくなった。声に出してみたら、あちこちに同好の士がいた、ということなんでしょうね」

看護師から、絵の学校を卒業し、小説家のアシスタントを経てイラストレーター・文筆家に。異色の経歴ゆえのマルチな才能に加え、仏女としても注目を集め、講演やカルチャーセンターの講師、「仏像ツアー」の企画や同行講師など、活動の幅はとどまるところを知りません。

 最近人気なのが、「仏像なぞり描き」シリーズ。女性イラストレーターならではの柔らかな線や写仏の敷居をぐっと下げた気軽さが好評です。楽しい・癒やされる・ご利益もありそう…とリピーターも多いそうです。
 田中さん流の仏像の楽しみ方は?「やはり、お顔が命だと思います。角度や明るさによって全く変わ
る表情、特にまなざしに引かれます。屋外の大きな仏像は、周りの景色との調和や、近づくにつれて変化する姿も味わい深いものですよ」。
 初心者には、まず国宝の仏像を拝観することを勧めているそう。「特徴が際立っていて分かりやすいし、なんといっても、美しい。京都・奈良まで足を延ばさなくても、東京の博物館などで拝観できるものがたくさんあるんですよ。多くの仏像に接するうちに、個性の違いがよく分かるようになります」。とはいえ難しいことは抜きにしても、イケメンな仏像など、楽しく引き込まれてしまう話が次々に続きます。

 60冊を超える田中さんの著書は、仏像関係にとどまりません。史跡巡りや自己啓発、恋愛からダジャレまで、その多様さに驚かされます。幅広い好奇心と知識、笑いのエッセンスも人気の理由かもしれません。
 多忙の合間を縫って、秘仏開帳の情報があれば、仏像に会いに足を運びます。地元・所沢の金乗院の33年ぶりの秘仏開帳(5月号参照)も、もちろん拝観済み。「所沢にもたくさんの仏像があります。地元の皆さんにも、仏像の魅力をお伝えしたいですね」。夏色の帯に合わせたお手製の仏像の帯留めと同じ、ふわりとした笑顔が印象的でした。
(取材:加賀谷)

右は、田中さんの著書「仏像なぞり描き」(池田書店)。
田中さんのホームページもチェック!

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

はつらつところっこ(広報ところざわ人物紹介コーナー)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る